のぼり旗の効果と逆効果

のぼり旗の効果は、やはり「集客力」の高さにあらわれます。

よく調べてみると、のぼりを見て店にやってくる人の半数近くの人が、文字を読んだのは、店に向かった(到着した)あとだったと答えます。

描いてある文字も読まずに、どうして客はやってくるのでしょう?それはのぼりそのものに、店の印象やメッゼージが反映されているからなのです。

例えば、のぼりが最も強く訴える事それは「この店に来てください!」という事です。

ですから、発見と同時に歓迎されているような気持になり、なぜかその店に行きたくなってしまうのです。

それから、風に揺らめくことにも効果はあります。

あのようにゆらゆらと動くものを、私達は動体視力をもってとらえます。

つまり、野生の本能で、「あれはなんだ?」と思ってしまうのです。

そして、そこに情報が記されているようであれば、読みづらければ読みづらいほど、目を凝らしてしまうのです。

「おは○うござい○す」この文字を読んで、ついつい○に入る文字を決めてしまうのと同じです。

「おはようございます」とかいてあれば通り過ぎるのに、謎を見つけて集中して読んでしまうのです。

あの風の揺らめきには、そんな効果もあるのです。